父にとって、生涯の楽しみだった切手が相当な数になっているのですが、処分の方法を教えて貰いたいのです。シートでまとまっているものも、そうでないものもあるのですべてまとめて売却できればそれがベストだと思います。おそらく状態はとてもよいと思うのでこの切手をぜひ欲しいという方に譲れれば嬉しいです。今さらのように、こんなきれいな切手を集めていたのかと思います。周知の事実ですが、本来、切手は通常郵便物に貼り付けるような形状にバラされて一枚ごとになってはいないのです。元々はそういった切手がいくつか纏まった、一枚の切手シートという形で作成されます。切手買取においては切手シートとなっていても買取はして貰えてバラバラになっている切手の形で買い取られるより買取の際に支払われる額が高くなることが多いと思います。毎年お年玉つき年賀はがきで年賀切手が当たるので、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、切手を使う用件はないので、切手は使わないままだったのです。金券ショップなら切手も買い取ってくれるとしり、シゴトのない日に、年賀切手を全部もち込んでみました。サインと身分証明書の提示は必要でしたが、全部換金できたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です