学費を支払うことが困難な家庭が利用することができるシステムに教育ローンというのがあります。日本の教育について見れば、中学までの義務教育より上になると、けっこうな学費がかかることが多いようです。学費のための教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと同じように、預金取扱金融機関と信販会社(ノンバンク)を中心として取り扱いがされている商品です。勤務先によっては、福利厚生の一環として、共済や健康保険組合などが直接学費を融資するタイプの教育ローンもあるようです。教育ローンは、金銭消費貸借契約書という書類を作り、借入金額、金利、期間、返済方法などを記入した上で借りることになるのが基本です。貸付を受けている者の普通預金口座に融資される学費が入金される形をとってはいます。ほとんど支払い先の銀行口座へ直接振込みされる形になっているようです。現在日本国内で取り扱いがあるローンはさまざまです。教育ローンの他にも、住宅ローンや自動車ローンなどがあります。個人の消費生活を見る場合、子供を教育するために必要な金額は他のものに優先されると見なされます。消費耐久財の購入を目的としているローンよりも、金利が低く設定されていることの方が多いようです。教育ローンを貸し出す金融機関ごとに、金利はいろいろです。学費を教育ローンで工面しようと考える際には、多くの情報を得てからあったものを選び出すとよいでしょう。子供の勉強の教え方に悩む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です