妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる必要不可欠な栄養素だと書いてありました。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い方法だそうです。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊活を続けていきたいと思っています。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温低下で血行不順になると食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。お灸は緊張をほぐして血行を良くして新陳代謝を促し、体全体をリラックスさせる効果があります。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。2人目の産み分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です